コンピューターシステム診断認定店です。車両コンピューターに記録されたエラーデータ等をチェックし、普段見えない箇所のチェックで各センサー等の良否を診断します。

当店はコンピューターシステム診断の認定店です。認定店とは、コンピューター診断機を活用して、整備作業や診断作業の効率化を図り、自動車の電子制御における機能について診断出来る整備事業所として認定されたお店のことです。

ALTIA sss-01

  • 国産乗用車・国産トラック・輸入車まで、全22メーカーに標準対応し、今後入庫拡大が予想されるハイブリッド車・クリーンディーゼル車・アイドリングストップ車など、整備にスキャンツールが必須となる先進技術が搭載された車種にも対応。
  • あれっ?!と思ったら…コンピュータ診断を受けましょう。
    警告灯が点灯したら以上のサイン。すぐにメンテナンスが必要です。

    警告灯の種類と意味

    代表的な警告灯の種類

    代表的な警告灯の種類 意味
    ブレーキ警告灯 サイドブレーキが効いたままになっているか、ブレーキ液が減っています。ブレーキ液が減っている場合は、漏れなのか、パッドの摩耗なのかを確認して早急に対処して下さい。
    オイル・プレッシャ・ランプ エンジン内部に油圧がありません。このままでは焼きついてエンジンが壊れてしまします。すぐに停車して下さい。
    チャージ・インジケーターランプ バッテリーがだめになっているか、充電機が発電していません。
    排気温度警告灯 マフラーが高温になっています。このままでは車両火災になります。枯葉や紙など、燃えるものがない場所に停車してエンジンを停止して下さい。
    エンジン・ウォーニング・ランプ エンジンのセンサーかコンピューターが故障しています。至急、診断して対処して下さい。

    コンピューター診断 Q&A

    Q.コンピューター診断は必要?

    A.最近の自動車は80以上の電子制御装置が搭載され、複雑に連携しながら適正に車を動かしています。電子制御の部品や回路に不具合が生じた場合、見た目での特定が難しくなってきました。 車載コンピューターを点検することで、今現在の異常だけでなく、過去の異常の有無もわかり、今後の大きな故障や危険を未然に回避することができます。

    Q.どんなことが分かるの?

    A.過去の電子制御装置に不具合がなかったか、今現在、不具合が生じていないか、点検終了後に愛車診断結果内容書でご報告いたします。

    Q.どんなことができるの?

    A.
    ◯故障コードの読み取り
    チェックランプ点灯による故障、または過去にメモリーされたコードを読み取ります。

    ◯データ表示
    各部品の作動状況の数値を表示します(数値が正常かどうか判断するため)。

    ◯アクティブテスト
    各部品が正常に作動するかテストします。

    ◯作業サポート
    ブレーキ液交換(エア抜きなど)、オイル交換(サービスインターバルのリセット)、初期化設定、特定カスタマイズ設定

    ページの先頭へ戻る

    車検の無料お見積もりまずはお気軽に車検の無料お見積もりをご利用下さい。他社様との比較も大歓迎です。

    詳細はこちら

    車修理の無料ご相談小さなキズ、へこみから事故車まで車修理のことなら何でもご相談ください。

    詳細はこちら

    ページの先頭へ戻る