車検はなぜ受けないといけないのか 〜車検ってなに?〜

なぜ「車検」は必要なのか

「車検」とは「自動車検査登録制度」の略称です。公道で自動車を走らせるためには、その自動車が国の定める安全基準を満たしていることが必要になります。また、走行することで使用期間の経過等により構造・装置の劣化、磨耗がおこります。
自動車を安全で公害をもたらさない状態に維持するためには、自動車の使用者が自らの自動車の保守管理をきちんと行い、定期的な点検・整備を行うことが必要であり、これらは、使用者の社会的責務と言えます。
しかし、自動車1台1台の使われ方や、ドライバー1人1人の自動車への考え方がさまざまであることから、個々の自動車が保安基準に、適合することを確認するのが「自動車検査」であり、これを一般に「車検」(検査)と呼んでいます。 これらは、「道路運送車両法」に規定されています。

検査に合格すると次回車検時まで公道を走行してもよいという許可が出たことになり、「自動車検査証」と「検査標章(フロントウインドウに貼るステッカー)」が国土交通大臣(実際には運輸支局など)から発行されます。 言い換えれば、車検に通ってないクルマで公道を走ることは法律に違反することなり、罰則の対象となります。

車検の実施サイクル

新車購入

3年後→

初回車検

2年毎→ 

2回目以降車検

※普通車、軽自動車の場合

必要な書類

自動車検査証

1.自動車検査証(車検証)

基本となるのがこの車検証です。普段から携行するもので、この車検証に車検の有効期間や車両型式、車両重量など車検に必要なデータが記載されています。

自動車納税証明書

2.自動車税納税証明書

今年度の証明書。納税の確認をさせていただきます。 もし紛失された場合は、管轄の自動車税事務所へ行けば再発行してもらえます。
※平成27年4月より自動車税の納付確認が電子化されましたが、システムに反映されるまでに1週間〜10日かかるため、納税後すぐに車検を受けようとする方はご注意ください。

自動車損害賠償責任保険証明書

3.自動車損害賠償責任保険証明書

必ず、有効期間中の自動車損害賠償責任保険証明書(旧自賠責保険証)をお持ちください。
※自賠責保険の更新は、来店時に当店にて承ります。 現在お持ちの自賠責証明書をそのままお持ち下さい。

車検時諸費用

4.車検時諸費用

自動車の状態によっては、車検合格に必要な整備が発生する場合がございます。その際は別途料金がかかりますので予めご了承下さい。またオイル交換や、タイヤ交換などの追加整備も車検時にお受けします。
(追加整備が必要な際も必ず見積り明細を作成し、お客様へはご相談・ご確認いたしますのでご安心ください。)

車検にかかる費用

1. 自賠責保険料
2. 重量税
3. 自動車検査登録印紙代

※上記3つの金額は法定費用のため、どこで車検を受けても変わりません。

4. 検査料金・事務手数料

ディーラー車検・ユーザー車検・車検専門店など、どこで車検を受けるかによって異なります。

車検に合格しない事例

シートベルトの警告灯が点かない (平成6年3月以降の車)

ウォッシャー液が出ない

タイヤが車体からはみ出ている

スピードメーターが走行速度と一致していない

前ブレーキ、後ブレーキ、サイドブレーキの制動が基準値に満たない

ライト光軸が上下左右の向きと光度が基準外

ワイパーゴムが切れている

ガラスが割れている

タイヤの溝が1.6mm以下

ヘッドレストを外している(運転席、助手席)

運転席、助手席の窓にカーテンやフィルムが貼られている

フロントライト、ブレーキライト、スモールランプ、ウインカーランプ、バックランプなどが球切れしている

車検の無料お見積もりまずはお気軽に車検の無料お見積もりをご利用下さい。他社様との比較も大歓迎です。

詳細はこちら

車修理の無料ご相談小さなキズ、へこみから事故車まで車修理のことなら何でもご相談ください。

詳細はこちら

ページの先頭へ戻る